期間工を退職した後のこと

subpage1

期間工を退職したら、すでに正社員の仕事で内定をもらっている人は、その仕事に就くことになるでしょう。

しかし、期間工の仕事はハードなので、仕事をしながら就職活動をするというのはなかなか大変です。


転職エージェントなどを利用して、うまく就職活動をしている人もいますが、多くの人は次の仕事は見つかっていない状況だと思われます。
期間工を退職しても、期間満了で退職をした場合には、比較的すぐに失業保険を受けられます。

2週間〜3週間くらいは間が空きますが、満了金ももらえるので、生活費のための貯金は十分あることでしょう。

早めに失業保険の手続きをするようにしましょう。


自己都合で退職をした人の場合、失業保険をすぐには受けられません。

3ヶ月の待機期間ができてしまいます。

期間工の求人の分かりやすい情報はこちらです。

その場合、ゆっくりと次の仕事を探している余裕はないかもしれませんが、自己都合で退職をする人は、自分で準備をしていると思われるので、それほど問題にはならないかもしれません。
自己都合で退職をするとデメリットも大きいので、しっかりと準備ができている状態で自己都合退職をしましょう。

NAVERまとめ情報を集めているサイトです。

基本的には、期間満了まで働くべきです。
期間工で働く人の目的はさまざまですが、貯金をするということは、多くの人に共通した目的であると思われます。


せっかく貯めたお金がなくなってしまわないように、その後のこともしっかりと考えておきましょう。


次の仕事が見つかっていない状態では、自己都合退職はしないことがおすすめです。